はさマンモス 学校 購入 大口

はさマンモスを学校や幼稚園で大口購入する場合は?


 

はさマンモスは、日々進化していて、私が最初購入したときよりも種類が豊富になってきています。
賃貸物件用、強力粘着タイプ用、ステンレス製の学校用などいろいろなものが誕生してきています。
このステンレス製のものは、とても丈夫で耐久年数10年とまで言われています。
そんな頼もしいはさマンモスの学校用ですが、購入するときに注意したい点をご紹介します。

 

はさマンモス学校用購入時の注意点

まとめ買い

はさマンモスの学校用(はさマンモスE)は、ステンレス製で丈夫で、主に学校用として販売されています。
そしてなんといっても、学校用となると、沢山購入することがとても多いと思います。
そんな時、はさマンモスの学校用は、大口購入すると割引してくれるようなんです。
詳しくは公式サイトをご確認いただくとおわかりになると思いますが、注文画面に「大口注文のお問い合わせフォームはこちら」という案内があり、名前と連絡先とお問い合わせ内容を入力するところがあります。
もし大口購入を検討しているかたは、割引してくれる可能性があるので事前に専用フォームからお問い合わせしていただくことをおすすめします。

 

送料

運送送料

通常のプラスチック製のはさマンモスであれば、10,000円以上購入すると、送料が無料になります。
しかし、この学校用のステンレス製のはさマンモスは、実は長さが170cmもあり、特殊な長物になるので、送料が商品代金に別途10,000円もの送料がかかるんです!!!
これはなかなかの金額ですね。
何も知らずに注文してしまうと、商品代金に匹敵する送料に驚かされます。
単品購入だと、ちょっと送料に圧倒されてしまいそうですね。
このステンレスタイプは、やはり大口購入をして、どのくらい割引をしてもらえるかに期待するしかないかもしれませんね。

 

取り付け(設備工事)もしてくれる

設置

はさマンモスの学校用は、実は出張して取り付け工事もしてくれるようなんです。
・・・その額、1施設一律100,000円です。
自分でも取り付け可能ではるようなのですが、コツがいるようですね。
家庭用のものであれば、個人で頑張ってつけることができると思いますが、学校など大量の箇所に設置するとなると、専用業者にお願いした方が確かにいいかもしれません。
この設備工事の金額が高いか安いかは、設置する数によって変わってくるでしょうね。
また、対応年数が10年ということですから、自分でやって汚い設置状態で10年使うよりも専門業者に設置してもらった方が安心かもしれませんね。
また、法人として経費で落とせるというのであれば、楽して綺麗に付けることができるので全部お任せするといいかもしれませんね。

 

 

まとめ

以上のように、はさマンモスの学校用は、通常のプラスチック用とは金額も送料も違ってきます。
通常のプラスチック製と同じ感覚で購入すると、大変かもしれません。
事前に学校用の注意点を公式サイトで再度ご確認ください。
取り付け方も、一応公式サイトで案内されていますが、さらっと文字で書いているだけであまり参考になりません。
また、私が購入して取り付けたのはプラスチック製なので、実際にレビューはできなかったです・・・まあ理屈はプラスチック製のものと同じなんだと思いますが・・・

 

もし学校用のはさマンモスを検討されている方は、公式サイトでまずご確認ください。
  ▼  ▼  ▼  ▼

page top