指はさみ防止 保育園

指ハサミ防止は保育園幼稚園では必須!

指ハサミ防止保育園

子供って大人では怪我しないところで、思いもよらない形で怪我をするものです。
とびらに指を挟むなんてことも結構あるのではないでしょうか。
そこでこのページでは、子供(保育園や幼稚園の子)が指を挟まないための予防策をご紹介します。

 

 

園で指はさみ防止は必須

指ハサミ防止保育園

結論から先に申し上げますが、保育園や幼稚園でドアの指はさみ防止は必須です。
とびらの開け閉めは基本先生が行うことですが、少し大きくなった子は自分で開け閉めできたりします。
その時、自分一人だけだったらいいですが、お友達が近くにいて、ドアの隙間に指を置いていたら挟まってしまいますよね。
しかも子供って思いっきりとびらをしめたりしますから、想像以上の怪我をする可能性がありますね。
先生がいくら注意していても、カバーしきれないところは出てくるでしょう。
そうならないために、あらかじめ指を挟めてしまいそうなところはしっかりガードする必要がありますね。

 

どんなものがいい?

指はさみガードには、いくつか種類があります。

クリアファイルを手作りでカットして作成するパターン

指ハサミ防止保育園

これが一番安上がりですね。
クリアファイル1枚で1つの扉の半分くらいをカバーできますから、かなり安いです。

デメリット

手作りになりますから、形は均一にするのは難しいでしょうし、クリアファイルは開け閉め用の専用折り目なども付いていませんから、つけ方によっては、すぐにはがれてしまったりします。
もちろん何枚かつなぎ合わせて作るのですが、つなぎ目の接続部分が綺麗でなく、隙間が空いてしまう可能性もあります。

 

 

大手通販サイトから

Felimoa ドア 指はさみ 指ブロック フィンガーガード 隙間カバー 内外セット 120cm 指はさみ防止 安全対策


大手通販サイトでもこのような指ハサミ防止は販売されていますよね。
価格も3〜6000円くらいで、そこそこの値段で購入することができます。

 

デメリット

口コミを見ると、悪い口コミが多い商品がたまにあります。
口コミを見ると、開け閉めの時のフィッティングが最悪!閉める時に、ヒンジのところが厚くなって母の力で閉めるのが困難!!
など、その商品によっては良し悪しが結構あり、当たりハズレが激しいのかもしれません。
購入するときは口コミなどをしっかり見てからの購入をおすすめします。

 

 

専用サイトから

私は断然この方法がおすすめです。

指ハサミ防止保育園

指ハサミ防止保育園

指ハサミ防止保育園

ドアの開け閉めするときの、フィッティングが最高で、閉めた時のヒンジも厚くなりません。
閉めた時に綺麗に畳んで収まり、見た目もとても綺麗になります。
綺麗に畳まりますから、何十回開け閉めしても、プラスチックに負荷がかかりませんから、全然取れないです。

 

 

デメリット

両面テープの箇所がちょっと物足りないですね。

指ハサミ防止保育園

1列に4か所の両面テープが付いていますが、ちょっと心もとないかもしれません。
もちろんこれでも十分機能はしますが、子供がいたずらすることを考えると、もうちょっと強く取り付けたいというのも正直なところでしょう。
その場合は、100均から、両面テープを買ってきて、付け足せばOKだと思います。

追記

はさマンモスは日々進化していて、賃貸タイプと、強力粘着タイプが誕生しました。
さらに、学校用としてステンレス製のものまで誕生しました。
対応年数10年以上のものですね。
興味のある方は、これは大手通販サイトでは販売していないようですので、専門ショップでご覧ください。
  ▼  ▼  ▼  ▼
ドアへの指はさみ防止グッズ【はさマンモス】1,700円から。

 

 

 

■まとめ
保育園や幼稚園で子供の指が切断されたなんてことはあってはいけない事件です。
しかも簡単に予防できそうなことなのにもかかわらず事故が起こってしまうと、責任を感じずにはいられません。
少しの出費ではありますが、ちゃんとした専用の指ハサミ防止を購入することをおすすめします。


page top