玄関ドア指はさみ防止 手作り

ドア指はさみ防止の玄関用を手作りしてみた!

玄関ドア指はさみ防止手作り

我が家には2歳の息子がいます。とてもやんちゃでちょこちょこ言うことを聞かない年頃なんです。
いろいろ心配なことって沢山あるにはあるのですが、先日息子と一緒に家に入る時に息子が自分で靴を脱げるようになったのですが、私も靴を脱ぎながら扉を閉めました。
すると、とびらの隙間あと数センチのところに息子の指が!!!!

 

幸いにも何も怪我がなく、締まる直前にぎりぎり気づいてとびらを食い止めることができました。
何事も無かったのでよかったですが、今思い出しただけでもぞっとします!!!!

 

もう二度と同じ思いはしたくないので、息子の指を守るために指ハサミ防止のためのものを手作りで作ることを決意しました!!

 

 

100均のものでドア指ハサミ防止はできる!

玄関ドア指はさみ防止手作り

私が実際に作ってみたのは、100円均一で販売している、上記のような凹凸がついた紙です。
これを選んだ理由は曲げに強そうだから、ドアを開いたときに綺麗に見えそうだからという理由です。
また、紙ですから、自由にハサミで好みの長さに加工できるのも良いですよね。

玄関ドア指はさみ防止手作り

接着は両面テープを使います。
それでとびらをしめると、

玄関ドア指はさみ防止手作り

このように紙の部分が少しもっこりしますが、子供の手を守るには十分な感じです。
注意したいのは、紙の大きさがそれほど大きくないので、つなぎ合わせて貼っていますので、紙と紙の間に隙間があります。
そこに指が入らないように、その間はセロハンテープなどでつなぎ合わせています。

 

 

この方法で他のドアも付けています。

玄関ドア指はさみ防止手作り

廊下の扉など結構子供が出入りするところも、このように張り付けています。
2歳くらいになると、自分でとびらを開け閉めしますし、目を離してしまうこともありますから、このように防御していると親としてはとても安心できます!

 

 

デメリット

紙だからもろいですね。
時間が経ったり、子供にいたずらされたりすると、簡単に壊れます。

玄関ドア指はさみ防止手作り

安いし、紙だし、仕方のないことと諦めています。
障子のふすまと一緒で、定期的に張り替えする覚悟ではいます。

 

・・・ただ、ちょっと面倒くさいですけどね!

 

 

もっと丈夫な素材は?

よくある対策としては、クリアファイルなどを使うというのも手ですね。
見た目が半透明ですし、プラスチックですから破れることもありません。

玄関ドア指はさみ防止手作り

玄関ドア指はさみ防止手作り

玄関ドア指はさみ防止手作り

下のつなぎ目をカットして、4分割にします。

 

それを、ドアにテープ(両面よりもセロテープの方がいいかもしれません。)で固定していきます。

玄関ドア指はさみ防止手作り

 

玄関ドア指はさみ防止手作り

 

 

玄関ドア指はさみ防止手作り

 

玄関ドア指はさみ防止手作り

とびらをしめるとこんな感じです。

 

 

両面テープにする場合は、クリアファイルにしっかり折り目を付けておかないと、抵抗が発生して、すぐにテープがはがれてしまいます。
セロハンテープにすれば、つなぎ目がちょうど支点になってうまく開閉できるので、見栄えが悪いかもしれませんが、セロハンテープでそのまま貼るのがいいです。

 

 

数ヶ月すると

クリアファイル指ハサミ防止

クリアファイル指ハサミ防止

クリアファイル指ハサミ防止

手作りは簡単で安くていいですが、どうしても劣化しやすく、ぐちゃぐちゃになってしまうものです。
3セット貼りつけましたが、1セットがはがれてしまって、尚且つ、テープを止めていた部分ですが、セロハンテープのせいで表面が剥げてしまいました。
セロハンテープもベタベタ貼ってしまうのもよくありませんね。
やはり、一番気になるのは綺麗じゃないですね。
自分でつくるから、規格も違いがありますし、はがれた場合とても汚くなります。
簡易的に設置できるのは魅力ですが、本格的にキレイなものを設置されたい場合は下記で紹介します専用のものを設置することをおすすめします。

 

玄関だけはもっといいものを!

私もいろいろ試行錯誤をして、100均のもので代用をしてみました。
部屋の中のものはそれでいいと思います。
しかし、私がどうしても気になるのは、玄関です。
玄関を開けた時に、その紙はとても目立ち、お客さんに見られるのはちょっと恥ずかしいというのがあります。
「子供がいるからしょうがない」と思ってくれているとは思いますが、もうちょっと綺麗にしておきたいというのが正直なところです。

 

そこで、玄関だけはちょっと高いですけど、玄関専用の指はさみ防止を購入しました。

 

玄関ドア指はさみ防止手作り

玄関ドア指はさみ防止手作り

玄関ドア指はさみ防止手作り

玄関ドア指はさみ防止手作り

 

これの良いところは、プラスチックなのに、しっかり折り目がついていて、何十回折り曲げても綺麗なままで折れたりねじれたりしないということです。

 

 

実際に取り付けてみました。

玄関ドア指はさみ防止手作り

玄関ドア指はさみ防止手作り

玄関ドア指はさみ防止手作り

(今回の画像は、表側という部品を取り付けた場面です。)
個人的にはかなり良いです。
っていうか今までの100均のできと比較すると全然違います。

玄関ドア指はさみ防止手作り

玄関ドア指はさみ防止手作り

クリアファイルを使うという手もあったのですが、玄関のものはやっぱり型がしっかりしているものが綺麗に見えます。
クリアファイルのように、丸く湾曲してもっこりしているのではなく、このはさマンモスは閉じた時も綺麗になっていますから、お客さんが来ても目立たないですし、何回開け閉めしても全然取れない(そのように設計されているから当然ですけどね。)ので良いですね。

 

 

 

まとめ

ドアの指はさみ防止はいろいろな方法があります。
一番安上がりなのは、やっぱり100均で揃えて自分で加工することですね。
家の中の扉は沢山あります。
お金をかけて専用のものを大量に購入するか、面倒だけど一つずつ加工して貼るか、それとも私のように、玄関だけ立派にして、家の中は手作りという手もありますね。

 

何はともあれ、子供の怪我を防止するのが一番な訳で、形はどうでもいいかもしれません。
親の私としては、やって当然のことで、あとはどこまでこだわるのかというところでしょう。
家が古くてなんでもいいと言うなら、私のような手作りをおすすめします。
しかし、家が新築で手作り感がいっぱいで汚いのは嫌だというのであれば、専用のをそろえることをおすすめします。
世の中にはいろんなグッズが出ていますが、私が買ったのは「はさマンモス」という商品ですが、興味のある方は公式サイトで確認してみて下さい!
  ▼  ▼  ▼  ▼

 


page top